公益財団法人 全日本剣道連盟 All Japan Kendo Federation

審査会

更新

剣道七段審査会(愛知)

開催日:
2019年11月16日(土)
会場名:
中村スポーツセンター

審査会結果

受審者数 合格者数 合格率 形再受審
962 164 17.0% 3

合格者氏名一覧

年度別、審査会結果一覧はこちら

審査員の寸評(実技)

 七段受審者962名合格164名、六段受審者1,085名合格252名の熱気があふれる名古屋市中村スポーツセンターにおいて審査員を担当させていただきました。少しお話をさせていただきます。

 合格された方は、気迫、打突の強さをはじめ、「中心を攻める。崩す。溜める。乗る。そして捨て身の技を出す」という一連の動作に、気品と風格が表現できたことで、見事に合格に結びついたと思います。

 残念ながら不合格の皆様は、今回の審査を踏まえて、今一度師事される先生方に指導を仰ぎ、次の審査に向けて修錬されますことを期待いたします。私自身が審査で不合格の時、師事している先生や講習会で、「間合」に気をつけるように指導を受けました。先生方の言われる「間合」は「いざ蹲踞から立ち上がる動作に気の攻めが伴い、いかに相手を動かすか。得意な面打ちを出すか」そんなことを中心に考えていた自分でしたが、いつの間にか相手を打ってやろうとして、近間(剣先が中結より入り過ぎた状態)になり、結果的に捨て身の技を出せずに不合格になったことを教えてくれていました。私自身が稽古で努めていることは、自分から攻める。相手を引き出す。このことに心がけています。攻めが効いていれば、打たれずに打つのではなく、打たれることを恐れずに自分の技を出しきることになります。結果、決まれば捨て身の素晴らしい有効打突になります。こちらで攻めているつもりでも、実は相手に攻めが効いていない場合は、見事に打たれてしまいます。しかし、打たれっぷりの良い人は、大成すると言われます。皆さんも日頃の稽古で捨て身を修錬してみてください。

 剣道の上達に必要な「間合」「打突の機会」「しかけ技」「応じ技」等、自分の動画、映像を見るなどして、点検確認することが大切です。

 最後に、改めて「立会いの所作」「正しい構えと姿勢」「足さばき」など、基礎基本に立ち返り、生涯剣道を実践されますこと、さらなる高みを目指されて、精進されますことを希望いたしまして、寸評とさせていただきます。

東 良美

審査員の寸評(剣道形)

 名古屋で行われた審査会の日本剣道形担当者として感じたことを述べます。

 六段6名、七段2名の不合格者が出ました。

 剣道形には決められた順序や約束事があり、それをただ覚えるだけでなく、実践に必要な所作・姿勢・気迫・理合・技術等の要素を習得することが指導者として求められます。今回、錬度不足の人が目立ったことを残念に思います。

 日頃の形の稽古の中で、自分自身の欠点には、なかなか気が付かないものです。是非、指導者から教えを受けて下さい。そして形に対する認識を深め、『剣道形解説書』『講習会資料』等を熟読、理解し正しい理法と技術の体得に努めて欲しいと思います。

 特に気が付いた点を述べます。

  1. 立会前後の作法・所作が不十分
  2. 太刀の形(五つの構え)、小太刀の形(半身の構え)が不十分(特に下段の構え・構えを解いた時の剣先が高い)
  3. 打突の時機「機を見て」「入身になろうとするところ」を理解し、間合、緩急強弱、一拍子の打突等を心掛ける
  4. 小太刀の一・二本目の鎬で受け流す、三本目のすり上げ、すり落し、すり流し、すり込む所作が不十分

 これらの項目が目に付きました。

 今後、剣道形修錬に謙虚に、そして真剣に取り組まれ、剣道の内容を向上させるよう一層の精進を期待致します。

太田 友康

*この記事は、月刊「剣窓」2020年1月号の記事を再掲載しています。

行事概要

行事名
剣道七段審査会(愛知)
開催日
2019年11月16日(土)
会場名
中村スポーツセンター
〒453-0053 愛知県名古屋市中村区中村町字待屋43-1
地下鉄東山線-中村日赤駅下車、徒歩7分(1番出口)
お知らせをシェア

過去の審査会

関連する審査会