一般財団法人 全日本剣道連盟 All Japan Kendo Federation

アンチ・
ドーピング

最新のドーピング事情 血液検査(コラム2)

2012年のロンドンオリンピックでは、日本は38個(うち金7個)の史上最多のメダルを獲得したが、その陰では競技期間中に尿とともに血液も検査対象とされ、5,132件のドーピング検査が行われた。なぜ血液検査が必要か。

これまで、筋肉増強剤や興奮剤などの禁止物質は尿中に使用の痕跡を認めることによって判定してきたが、ある特定の競技では、選手の一部がエリスロポエチンという、赤血球増加ホルモンにより競技能力を意図的に高めていた(血液ドーピング)。またヒト成長ホルモンも競技力向上に役立つことが知られ、これらの物質は尿検査では検出できず、生理的に体内に存在することから、1回の検査で高値を示しても、即座にドーピング規定違反とは判定できない。そのため、血液ドーピングの恐れのある国際競技連盟(自転車、陸上競技、ボート、スケート、スキー)では、定期的にトップクラスの競技者の血液検査を実施し、その中で禁止物質使用による生物学的指標(マーカー)の変化を観察して禁止物質の乱用を間接的に検出する方法、すなわち「競技者生物学的パスポート」という手法を導入した。実際、国際陸上競技連盟では、この手法により、6カ国9名の違反者のうち6名の血液ドーピング違反が確認された。今後は、オリンピックや世界選手権大会などでは尿検査とともに1回18mlの採血が行われる。また、違反選手への罰則規定の強化も検討され、2015年からは資格停止が2年から4年に延長される見込みだ。

日本におけるドーピング違反件数は平成19〜23年度に約25,000例の検査を実施し38例の違反を認めた(剣道はゼロ)。注目すべきは、そのうちの12例が医師処方の内服薬が原因である。

特に、ARB(アンギオテンシンⅡ受容体拮抗剤)といわれる降圧剤の一部には、禁止物質である利尿剤のヒドロクロロサイアザイドが配合されているものがあり(商品名、プレミネント、コディオ、ミコンビなど)注意を要する。

また、輸入サプリメントの中には、禁止物質の興奮薬、蛋白同化薬を含むものがあり、重量挙げ競技で違反者が出た。これに関する情報は、国立健康・栄養研究所の「健康食品の安全性、有効性情報」(https://hfnet.nih.go.jp/)が詳しい。また、昨今の『剣士のためのアンチドーピングマニュアル』も参考にしていただきたい。

アンチ・ドーピング委員会 委員 朝日 茂樹

* この記事は、月刊「剣窓」2013年8月号の記事を再掲載しています。