稽古自粛の解除及び感染防止ガイドライン制定

一般財団法人 全日本剣道連盟 All Japan Kendo Federation

全剣連の
お知らせ

更新

コロナ禍での熱中症の予防に向けて

 コロナ禍において、全日本剣道連盟では対人稽古時の際に面マスクの着用を義務付け、同時にシールドの装着も強く推奨しております。

 新型コロナウイルス感染症の最も重要な感染経路が飛沫感染であり、飛沫飛散防止のために上記の面マスクとシールドは必要です。これは、剣道から新たな感染クラスターを出さないための暫定的な措置です。

 一方で、高温多湿の時期に向かっており、熱中症が増加しやすくなっています。先頃、全日本剣道連盟が開始した熱中症報告システムでは熱中症の報告が増加中です。

 緊急事態宣言、その他の自粛要請等を受け、昨今、多くの方々が運動や稽古ができない状態が続いていたため、体の暑さへの順応が不十分です。

 熱中症は、このように高温多湿に向かう中において体が暑さに順応していない場合に頻発していることがすでにわかっています。

 指導者におかれましては、これまでにない状況での剣道稽古の実施であることを再度ご理解いただき、稽古時間(短縮等)と休憩時間の設定、水分補給、体育館・道場の換気と温度管理などに改めてご留意をいただきますようお願いします。

 また、指導の立場にない場合でも、稽古実施にあたっては、上記についてご留意いただきたくお願いします。

お知らせをシェア