一般財団法人 全日本剣道連盟 All Japan Kendo Federation

全剣連の
お知らせ

更新

2019世界柔道選手権東京大会での剣道デモンストレーション

 8月25日(日)から8日間、日本武道館で開催された標記大会は、男女各7階級の個人戦と五輪新種目となる男女混合団体戦が行われました。

 日本選手の活躍も目覚ましく、連日熱戦が繰り広げられるのを、TVで応援された方も多いのではないでしょうか。

 そんな中、日替わりで武道のデモンストレーションが実施されていました。

 剣道は、男女混合団体戦が行われた最終日9月1日(日)に少林寺拳法の後、19時から下記の強化指定選手を中心とした6名により「演武(切り返し・掛かり稽古・地稽古・切り返し)」が披露されました。

 日本語と英語による解説が交互に流れる中、入・退場を含めて約8分程の演武でしたが、内外からの観客を始め、選手・関係者からも大きな拍手が贈られました。

演武者

氏 名 段 位 所 属
竹ノ内 佑 也 五段 警視庁
村 松 洋 輔 五段 皇宮警察
加 納 彰 大 四段 警視庁
松 﨑 賢士郎 四段 筑波大学
星 子 啓 太 四段 筑波大学
白 鳥 湧 也 四段 筑波大学

動 画

お知らせをシェア