一般財団法人 全日本剣道連盟 All Japan Kendo Federation

全剣連の
お知らせ

更新

竹刀検査用基準器の製作および販売について

剣道試合・審判規則の改正に伴い、全剣連では現在、竹刀検査用基準器(以下、検査器)の製作を進めております。

新型の検査器は、先端部最小直径値(対辺直径)を測定するゲージ①と、ちくとう最小直径値(対角直径)を測定するゲージ②、およびゲージ①と②を固定して竹刀の自重で測定するための検査台の3種類を試作中です。

2種類のゲージにつきましては、誤差を最小限(±0.05㎜未満)にするために金属製の素材を使用しました。全剣連主催大会等では竹刀の自重で検査を行うために検査台も必須となりますが、このゲージ単体でも検査前の確認用(簡易ゲージ)として使用することができます。実際の検査で使われるものと同じゲージでチェックできることは、選手の立場からしても安心感があるものになると考えております。

現段階ではこの検査器の形状等の画像をお見せすることはできませんが、準備が整い次第、追加掲載させていただきます。

販売は、7月中旬を目処に全剣連オンラインショップで販売を開始する予定です。頒布価格は以下の通りとなります。

  • ゲージ① 税込 4,500円
  • ゲージ② 税込 4,500円
  • 検査台等 税込 9,000円
  • 上記3点セット 17,000円(1千円引き)

この検査器は大量生産しにくいため、初回入荷個数は各200個を予定しております。売り切れの場合は、次回入荷まで1ヶ月ほどお時間をいただく場合ががございます。

ご不明な点がございましたら、全剣連情報・安全部門まで、ご連絡をお願いいたします。

*写真は先月行われた第67回全日本都道府県対抗剣道優勝大会での竹刀検査の様子です。

お知らせをシェア