居合道七段審査会(東京)

IAIDO Examination 7-DAN(Tokyo)

  • トップ
  • お知らせ

お知らせ

  • 居合道七段審査会(東京)要項抜粋

居合道七段審査会(東京)要項抜粋

期  日

平成29年11月18日(土)

受付開始・終了および審査開始時刻

  1. 審査受付開始・終了
    受付時間 午前11時30分〜12時(正午)まで
  2. 審査開始時刻
    審査開始 六段実技審査終了後

会  場

江戸川区スポーツセンター
(東京都江戸川区西葛西4−2−20)電話 03-3675-3811

審査方法

全日本剣道連盟 居合道称号・段位審査規則・細則ならびに居合道称号・段位審査実施要領による。

審査科目

実技 5本
(当日開始時に全日本剣道連盟居合の中から3本を指定し、他2本は古流とする。)
演武時間は6分以内とし、正面の礼より計測し、正面の礼を終了し、携刀姿勢になるまでとする。
太刀は真剣とし、下げ緒を結束すること。

受審資格

平成23年11月30日以前に六段を取得した者。

年齢基準

審査日の当日(平成29年11月18日)とする。

合格発表

審査終了後、受審番号により合格者を発表する。
後日、合格者決定通知と証書を各都道府県剣道連盟に送付するとともに全剣連月刊「剣窓」1月号および全剣連ホームページに合格者の氏名を掲載する。

日本刀および貴重品の自己管理の徹底について

受審者は、日本刀および貴重品については自己管理を徹底し、盗難防止に努めること。
万が一、盗難事故が発生した場合にも、主催者は一切責任は負いません。

安全対策

参加者は、各自十分健康管理に留意し本審査会に参加すること。
高齢の参加者については、特に留意のこと。参加者は、健康保険証を持参のこと。
主催者において、審査実施中、傷害発生の場合は、医師または看護師により応急処置を講じ、病院等で治療を受けられるよう手配する。この場合、当日の治療費(手術、入院費は含まない)は主催者が負担する。
なお、主催者は、審査中の受審者の事故に対し(審査会場への往復途上を含む)、傷害保険に加入する。

個人情報保護法への対応  以下の申込者に周知して下さい。

申込書に記載される個人情報(登録県名、漢字氏名、カナ氏名、生年月日、年齢、称号・段位、職業等)は全日本剣道連盟および地方代表団体(各都道府県剣道連盟)が実施する本審査会運営のために利用する。なお、登録県名、氏名、年齢等の最小限の個人情報は必要の都度、目的に合わせ公表媒体(掲示用紙、ホームページ、剣窓等)に公表することがある。更に、居合道の普及発展のため、マスコミ関係者に必要な個人情報を提供することがある。

注意事項

  1. 受審者は、各都道府県剣道連盟に本人の申込受理の確認を審査会前日までに行い、参加すること。
  2. 審査会場に車での来場は一切禁止とする。

ページトップへ

  • 全日本剣道連盟公式Facebookページ
  • 全日本剣道連盟公式Twitterページ
  • 全日本剣道連盟公式Youtubeチャンネル